ダイビングならココ!

透明度の高い澄んだ水、神秘的な空間を潜る「宮古島」

透明度が高く、初心者から上級者まで楽しめる様々なダイビングポイントがあるのが宮古島の魅力です。例えば「魔王の宮殿」というユニークな名前が付けられたポイントは、複雑に繋がった狭い穴をくぐり抜けていくと、神秘的な空間が広がっています。また、国の天然記念物に指定されている「通り池」も多くのダイバーに人気のスポットです。この池は、宮古諸島の一つで、宮古島から車で渡れる下地島にあり、池底の洞窟がトンネルのような役割を果たし、外海と行き来ができてしまうのです。海側と池側では水温が違うので、水の色も青から緑に変化するグラデーションを目の前に見ると、とても神秘的で感動すること間違いなしです。
宮古島は、東京からの直行便や沖縄本島経由便があり、離島ではありますが、アクセスは比較的良好です。

マンタに出会いたい!「石垣島」

何といっても石垣島はマンタに出会えるダイビングスポットとして有名です。石垣島でのマンタ遭遇率は最も確率が高いときで8割とも9割とも言われ、ゴールデンウィーク頃から11月頃までがシーズンとなっています。特に7~10月は遭遇のチャンスが上昇するので、多くのダイバーがこの季節に石垣島を訪れます。マンタを見る上で欠かせないポイントが「川平石崎マンタスクランブル」で、初級からでもチャレンジできますので、あらゆるレベルのダイバーにおすすめです。また、「底地(すくじ)ビーチ沖」は、白い砂浜のビーチからアクセスすると、見渡す限りの珊瑚礁が眼前に広がって、幻想的な景色が広がります。また、石垣島では、マンタのほかウミガメも遭遇率が高いですし、他にも多種多様な海の生物に出会うことができます。
石垣島は、東京、大阪、神戸、名古屋から直行便があり、離島とは思えない便利さです。